ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > 美容・ファッション記事一覧 > 「虫ケア用品」からの、「まじ卍」と「押忍」の相関性


「虫ケア用品」からの、「まじ卍」と「押忍」の相関性

c0060143_15353366.png
殺虫剤が、「虫ケア用品」か。なるほど。
じゃ、殺鼠剤は「ネズミケア用品」になるのかな?なんだか、ペットケア用品みたい。ドッグケア用品とか、キャットケア用品とか、恐ろしいことになるね。


塗布すると皮膚が死滅する劇薬。その名も、スキンケア用品。
散布すると著しく健康を害する猛毒。その名もヘルスケア用品。
社会の高齢化を解決するための殺人兵器、エイジングケア用品。
……恐ろしい。


PRのために言葉を生み出すのは勝手だけど、そうやってポンポン生み出された言葉が定着するかどうかは、また別の話。恣意的に打算的な言葉を打ち出しても、誰も使わなければ意味が無い。紛らわしかったり、使いづらければ、それは言葉としての意味を成さない。言葉を大切に。


と、ここまで書いてきて思ったけど、新しい言葉に対する抵抗感って、年寄りならではなのかな。オレも年を取ったってこと?


でも、「まじ卍」とかは別に気にならない。自分で使おうとは思わないけど、使ってる人見ても「へー、こんな風に使うんだー」っていうくらいで。あぁ、あれと似てるかな、「押忍(オス)」と。あいまいなニュアンスを言葉にそっくり組み込んで、いろんなシチュエーションで使える汎用性の高い言葉。とりあえず、会話の流れを止めることなく、テンポ良くニュアンスだけで会話が成立しちゃうっていう。JKの会話で「まじ卍」のところを「まじ押忍」に差し替えても、ある程度は成立しちゃう。人や時代によって言葉は変わるけど、本質的なところは変わらなかったりもする。


言葉って面白いと思うのですよ。











「「虫ケア用品」からの、「まじ卍」と「押忍」の相関性」オリジナル記事ページへ

>> 日曜アーティストの工房の記事一覧へ

日曜アーティストの工房

日曜アーティストの工房

日曜アーティストの工房の記事一覧へ

渡米留学でアートを学んだ後、帰国後はWEB制作会社に勤務。現在は、外資系広告代理店でコミュニケーションデザインを担当しつつ、プライベートでは「日曜アーティスト」を名乗って気ままな創作活動を展開中。
ブログを通じて色々見たり体験したり、繋がりが増えるのが楽しくて、コツコツ書いてたらいつの間にかブロガーと呼んでもらえるようになりました。AMNパートナーブロガー。オーロラ王国カナダブロガー観光大使。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事