ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > レシピ・ウチごはん記事一覧 > スパイシー八味で和スパイス。


スパイシー八味で和スパイス。

こんにちは!

当ブログにお越し下さりありがとうございます♪
フードコーディネーター&国際中医薬膳師のゆりぽむです。


関西はこの土日で桜も満開になり素敵なお花見日和となりました。
皆さんの所では如何でしたか?


さて…気がついたら本年度のスパイス大使の最終月となりまして、あっと言う間の1年だったなと振り返りっつ、今月のテーマは


『スパイスでひと工夫!おいしい減塩レシピ』



と言うお題目で、このスパイス達がテーマスパイスになりました。


*ハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>*ハウス香りソルト<レモンペパーミックス>*GABANクミン<パウダー>*ハウス七味唐がらし



今回は減塩レシピと言う事なんですが、減塩テクって本当に色々あって、中でもスパイスを取り入れる事で、塩気少な目でも満足出来るものが多いんじゃないかぁと個人的には思っているんです。


今回はクミンと七味唐辛子を合わせて、こんな事をしてみました。


e0192461_01561211.jpg





続きで、紹介しておりますので良かったらご覧下さいね。








ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪









スパイス料理を作る時に、唐辛子とクミンを合わせる事はとても多いのですが、今回は七味とクミンを合わせて
和スパイス
な感じにしてみました。
合わせるだけ!なのでとても単純なのですが、だからこそその配分は地味に試行錯誤いたしまして…。結果的にこんな状態になりました。

e0192461_02001483.jpg

GABANクミン<パウダー>1:ハウス七味唐がらし1

つまり
同比率
でございます。と言う事で、そのレシピ…(にする程でもないですが)


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*■スパイシー和八味
<材料>
GABANクミン<パウダー>:小さじ1
ハウス七味唐がらし:小さじ1


(つまり同比率)


1.材料を合わせて出来上がり。


「小さじ1」と表記していますが、作っておきたい量でさじ加減して貰えればと思います。




*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*



単純なんですが、結構これ色々と比率を変えてやってたんです。
最初はクミン少な目からのスタートで、クミンが七味より多い分量まで。
結果的に私は同比率が着地点になり、ああ、いいかも♪と思えまして。


で、このスパイシー八味なんですが何に使うかと言うと、普段七味を使っているお料理全般に普通に使って頂けます。
例えば、うどんとか蕎麦にも。
クミンが入る事で、ニュアンスがかなり変わりますがこの系のスパイスがお好きな人ならちょっと楽しめるかも。


ちなみに私はこれのお供にしておりました。


e0192461_02063346.jpg

生地を作らずに作る簡単チヂミ。





こちら卵不使用のチヂミなんですが、今回は仕上げに溶き卵を加えた卵チヂミにしております。



e0192461_02083378.jpg

と言うのも、クミンと卵って結構相性が良いので、どうせなら…と卵仕上げに。


e0192461_02091171.jpg

その分、片栗粉は減らして糖質オフを目指しました。


添えたのは、チヂミ1人分(1枚)に対して


スパイシー八味:小さじ1
マヨネーズ:小さじ1
ポン酢:小さじ2


です。
七味にクミン、結構お勧めです。


今回、同比率ですが好みの比率をぜひ見つけてみて下さいね!


それではまた♪






ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪




こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村







スパイスブログ認定スパイス大使2017




減塩料理レシピ スパイスレシピ検索

「スパイシー八味で和スパイス。」オリジナル記事ページへ

>> ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

家庭の食卓から健康を…をモットーに日々の料理を楽しんでおります。国際中医薬膳師の資格を取得し薬膳師として薬膳視点から献立作りやメニューのアドバイス、講座などを開催しております。
体に優しい酒肴作りからスタートしたブログで、現在は食材・だし・スパイスにこだわった、薬膳師の組み立てるおうち薬膳的なお料理達を紹介しています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事