ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > レシピ・ウチごはん記事一覧 > 翁流ダマスカスシリーズのペティナイフを使ってみた結果。


翁流ダマスカスシリーズのペティナイフを使ってみた結果。

こんにちは!

当ブログにお越し下さりありがとうございます♪
フードコーディネーター&国際中医薬膳師のゆりぽむです。


最近ネット上の記事で「○○を▲▲してみた結果…!」なタイトルが結構目に入るので真似っ子してみました♪
と言う事で包丁のお話です。


今回ペティナイフを使ってラディッシュの飾り切りをしてみました。
使用した包丁は「堺の刃物屋さん こかじ」の翁流ダマスカスシリーズのペティナイフです。
刃渡り8cmほどのとても小さなナイフです。



e0192461_18190154.jpg



私は左利きと言う事もあって普段使いは子供の頃から洋包丁でお手々を選ばない両刃のものを使用していますが、魚は出刃や柳刃を使っています。
でも、何だかんだと刃渡り18cmの洋包丁(三徳包丁)が一番出番が多いです。
三徳とはよく言ったもので大抵の事はそれがあれば済むんですが…ちょっとした飾り切りをする時なんかは、18cmの包丁は無理があるなぁ…とちょっと思ったりしつつ、無理矢理使っております^^;


普段使っている包丁はこちら。奥のが「三徳包丁」で出番の一番多い包丁です。
その次が「シェフナイフ」そして手前が「ペティナイフ」です。
e0192461_18233326.jpg

飾り切りは一番手前のペティナイフを使うと本来は良いのですが、写真のペティナイフがどうも手に合わない(笑)

購入した当初(20年前なんですが)から「うーん」と微妙な感じなんですよね。


そして今回届いた包丁が私の持っているペティ(刃渡り9cmちょい)よりもやや小ぶりの刃渡り8cmちょい。


e0192461_18250786.jpg

この1cmの違いでどう変わってくるか、ちょっとワクワクしながらの実験君となりました♥
続きで包丁の選び方なども含めて書いておりますので、良かったらご覧下さいね。






ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪











ペティとは「小さい」と言う意味で、洋包丁の中でもっとも小さいサイズとなります。
刃渡りは80mm~150mm程度になります。
料理に使われる牛刀(シェフナイフ)は刃渡りが180mm~270mmである事を考えると、ペティはとても小さいナイフと言う事が分かります。




e0192461_18233326.jpg
奥が三徳、真ん中が牛刀、手前がペティナイフ

形状としては三徳包丁と比べると刃の幅が狭く先が尖っているのが分かるかと思います。
牛刀と比べてもさらに刃幅が狭いのが分かるかと思います。


ここからは翁流(おうる)のペティナイフを使いながら、ペティナイフの特徴を見て行きたいと思います。



まず…は、小さいナイフなので小さいナイフならではの使い方になります。

最大のメリットは、狭い場所での作業や小さなものを扱う時に小回りが利くのでとても便利。


くし形に切ったトマトの皮の先端を切る、なんて言うのはお手の物です。


e0192461_18402834.jpg
切れ味が良いので完熟トマトの皮もスッと剥けます♪



飾り切りにも向いています。特に切っ先(先端)が使いやすいので、細かな処理もしやすいです。


e0192461_18421362.jpg




鶏のささみの処理や砂刷りの処理なども非常にしやすいです。
私は今でこそ大きめの三徳で生活していますが、10代~20代前半はペティで何でも調理していた時期があった程、結構愛用していた時代がありました。


ただ、小さい包丁なので大きな食材をカットしたい!と言うのには不向きです。
キャベツや白菜を半分に切るとか、大きなお肉やお魚を扱うというのは少々無理があります。
(カットしてしまった後からは小回りが利くので便利なんですが)


何だかんだと1本持っていると非常に便利なペティナイフ。


選び方としてはステンレスのものがやはり手入れもしやすく便利だと思います。
続いて、手にあった大きさを選ぶ事も大切なんですが、刃渡りは「男性なら135~150mm」「女性なら135mm以下」がお勧めだそうですよ。
あと重さは好みの問題があるのですが、私は若干重めが好きだったりします。
柄の部分も持った時にどうかなーと言うのも、これも好みがあると思いますが、指に掌にしっくりと馴染むと嬉しいものがありますね。




さて、今回私の手元に届いている包丁なんですが、こかじさんのオリジナルブランド「翁流(おうる)」の割込包丁と言うもので、錆びにくく切れ味の良い事が特徴です。




e0192461_18503422.jpg

割込みとは鋼の鍛造(両刃の打ち刃物)の製造方式の名称で、この包丁は高硬度のV金10号鋼を多層鋼ステンレス材で挟み込んでいます。



e0192461_18534681.jpg


そして近年カッコイイ包丁として特に男性に人気の「ダマスカス」と言うのもこの包丁の特徴です。
ダマスカス包丁は1つあるとテンションが上がりそう!ってずっと思ってたのでかなり嬉しいです。


e0192461_18555527.jpg



ちなみにダマスカスというのは、中東のシリア「ダマスカス市」に端を発しており、大昔、インドのウーツという所で生産された鋼材がシリアのダマスカスで刀剣として加工され、ダマスカス鋼として呼ばれるようになりました。
そのダマスカス鋼は鍛造時に独特の縞模様を浮かべ、錆びにくく、柳のようにしなやかで、鉄をも真っ二つにする切れ味を有していたといわれています。

ただその技法は200年前に途絶えており現在完全に再現する事は出来無いそうです。


日本で言われている「ダマスカス包丁」は刃の芯にモリブデン鋼を使いその芯にダマスカス鋼を何層にも重ねて作られた包丁の事を指すそうです。
何十層ものダマスカス鋼を重ね鍛造すると、ダマスカス刀のような独特の縞模様が出来、耐久性にすぐれ錆びにくく切れ味の良い包丁が生まれるそう。


と包丁のお勉強タイムはこの辺にしておいて…今回はラディッシュとトマトを切っていたのですが、私はこれ普段はいつもの三徳包丁でやっています(笑)




ペティを使えば楽なのですが、手持ちのペティがどうにも手に馴染まなかった事でずっとアレを(笑)
この度届いたペティを持ってみると、重さがまず良い感じ。
柄がマホガニー材なんですがピタッとフィットする形状。




e0192461_19014294.jpg

そして1cmの差って大差ない気がしてたのですが、んんん?これ結構いけそうかも?
と、試しに切ったラディッシュもとても良い感じに。


e0192461_19033898.jpg

切れ味もさる事ながら、手にしっくり来るというのはとても嬉しい事です。




翁流ダマスカスシリーズのペティナイフを使ってみた結果…



ペティナイフを使い倒そう!


と言う気持ちになりましたよ♪
正直、これが届いた瞬間「え…」だったのは否めません(ごめんなさい)
良い結果になって本当に良かった♪


質もさることながら、手へのフィット感って本当に大きいものがあります。
シリーズで大きめの包丁も使ってみたくなりますね♪




うちの18cmの三徳がペティサイズに見えちゃう勢いのこんな魚を捌く時とか(笑)


e0192461_20353992.jpg



ま、さすがにこのサイズはそうそう調理しませんが…^^;






そうそう、ペティナイフを使う感覚って、私的には


文房具感覚


なんですよね。
細かい作業をしたり…というのがあるせいか、鉛筆を持って細かな文字や絵を描いているようなそんな気分になります。


なので、大きな包丁の時はさほどサイズに関しては思わないのに、ペティに関してはちょっと違うだけで使い勝手がグッと変わったのかもしれません。


さて、このペティで小アジをおろすとか、キスを三枚におろすといった小さめの魚の調理を行ってみたいと思います。
来週お魚を買いに行かなくちゃ♪



それではまた!








ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m



レシピブログに参加中♪




こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村

堺の刃物屋さんこかじファンサイト参加中

「翁流ダマスカスシリーズのペティナイフを使ってみた結果。」オリジナル記事ページへ

>> ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

家庭の食卓から健康を…をモットーに日々の料理を楽しんでおります。国際中医薬膳師の資格を取得し薬膳師として薬膳視点から献立作りやメニューのアドバイス、講座などを開催しております。
体に優しい酒肴作りからスタートしたブログで、現在は食材・だし・スパイスにこだわった、薬膳師の組み立てるおうち薬膳的なお料理達を紹介しています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事