ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > 写真記事一覧 > B'z Exhibition “SCENES”前期ミュージアム見所!


B'z Exhibition “SCENES”前期ミュージアム見所!

B'zの30周年を振り返る、Exhibition “SCENES” エキシビションシーンズが

前期(1988-2002) /2018年4月1日(日)〜 5月6日(日)、後期(2003-2018) /2018年5月11日(金)〜 6月15日(金)の日程で開催中ですkoshi inabatak matsumoto

 

 

会場内は、主に3つのブースに分かれています。

1B'zの歴史やギター、衣装、楽譜、私物などが展示されているミュージアム

2B'zの秘蔵映像が公開されるシアター

3Exhibition “SCENES”と各ブランドがコラボした商品が並ぶストア

 

混雑や混乱を避けるために

13の順番か、23の順番でしかストアには行けません。

ただし、5/7~10のミュージアム閉館期間のみストア単体で利用出来ます。

 

今回は1のミュージアムのご紹介です。

 

ミュージアムは、平日の入場料は無料、休日は有料です。

無料日には入場整理券が必要です。

 

時間帯や曜日によって、待機ブースで列を作って待ちますが、待機ブースではこちらの写真が飾られているので、見ながら待てます。

 

待ち人のいないこの写真は、平日の18:00くらいの時間帯。この時間帯ならミュージアムの中も空いていて見やすいので、じっくり見たい方にはオススメです。平日と土曜は21:00まで、日曜日は20:00までオープンしています。最終入場は閉館の30分前まで。

 

 

私自身は、ミュージアムには平日15:00の回で入りまして、待ち時間は30分くらいでした。中も少し混雑していました。

 

ここからネタバレ

 

前期ミュージアムの展示は、ゴールドディスク、ヒストリー、楽器展示、ビデオエリア、写真展示、衣装展示、楽譜展示、私物展示などのブースに分かれています。

ミュージアム内は撮影禁止、携帯電話の出し入れも禁止されているので、連絡が取れなくなる可能性がありますのでご注意ください。

 

より詳しく展示を見たいという方は、入場口を入ってすぐ左の券売機でオーディオガイドを借りることをお薦めします。オーディオガイドは、B'zの松本さんと稲葉さんが展示の一部を解説してくれるもの。解説箇所は15ヶ所(だったかな)。この券売機を逃すと戻って来られません。オーディオガイドの当日券は600円。1000円札と2000円札(笑)または硬貨のみ使える券売機ですのでご注意ください。

 

オーディオガイドのチケットを手に入れたら、そのまま通路を進みます。暗くて長い通路は、お化け屋敷に入る気分。なんか出て来そう・・。
オーディオガイドを借りないかたは、そのまま進みます。借りる方は、オーディオガイドコーナーに寄り、ヘッドホン(イヤホンではない)と機械を受け取り、使い方の説明を受けます。

 

オーディオガイドコーナーの手前で耳を澄ますと、松本さんと稲葉さんの2人の声が聞こえて、お出迎えしてくれるので注意してくださいね。

 

オーディオガイドを借りるブースで、少し後ろを振り向くと、そこには非常口のヒミツが。

 

ゴールドディスクコーナーは通路の右側、その左側にはお2人が会場を訪れてサインしたパネルがあるので注意です。

 

ヒストリーブースから、オーディオガイドの1がはじまります。始まる直前のパネルに16までの場所の表示があるのでお見逃しなく。

 

楽器には、松本さんがエアロスミスのジョー・ペリーからプレゼントされたギターや、B'zのライブで使用したギターの数々、稲葉さんのフライングVまで展示されていました。

 

楽器ブースの側面には、各ライブでのメンバーPASSやグッズ。奥にはLAのロックウォークに手形を残したときの映像がリピートで流れています。何度も見たことがある映像ですが、むむっこの場面にINABA/SALASのスティーヴィー・サラスがいましたびっくり

 

続いてビデオエリアへ。

こちらでは3面にスクリーンがあり、大小のスクリーンにいろいろな映像が流れています。ライブ映像やMV撮影風景などが40分くらい流れます。その中でもjuiceの映像の時だけは、全面のスクリーンがjuiceのMVになって、秘蔵映像の別角度の映像も流れますのでチェックですよー。

この場所にずっといたい!という思いではありますが、次のブースに進みます。

 

続いては、大小の生写真が額に入って展示されているもの。★印が付いているものは、ストアにて購入可能です。(サイズによって15,000~100,000円)

こちらの非常口も必見!

 

続いて衣装コーナー。オーディオガイドの7~先があります。

ゴージャスなシャンデリアと赤い壁の中にライブ時やCDのジャケットに着用した衣装がそのまま、ほんとにそのまま展示されているんです。よく残ってるねーというバブルを感じる衣装から、思い出のライブで着用していた衣装、どれもこれも見ていて楽しいです。

 

楽譜コーナーでは、お2人の直筆の楽譜や歌詞が展示されています。そこにちょっとした言葉やイラストなどもあって、英語詞も見逃せません。

私物の展示には、稲葉さんから松本さんへのプレゼントなどもありました。

 

友人と話しながら、行きつ戻りつしていたら、あっという間に2時間経っていました。

とにかく見応えのある展示でしたよ。

ミュージアム内は撮影禁止、携帯使用禁止、ボールペン・万年筆禁止、エンピツOK。

 

ミュージアムの出口を出て、ストアへ。ミュージアム入場時に発券される「入退場券」が必要で、ストアに入るときに回収されます。ストアからミュージアムへは戻れません。ガチャガチャもストア内にあります。

 

こちらも参考にどうぞ好

【ミュージアム・混雑・ストア品切れ情報】

公式のExhibition専用twitterが開設されています。
https://twitter.com/bz_exhibition

公式サイトでの、ミュージアム・混雑・ストア品切れ情報

https://bz-clubgym.com/tour_information

 



「B'z Exhibition “SCENES”前期ミュージアム見所!」オリジナル記事ページへ

>> みーちゃん猫日記の記事一覧へ

みーちゃん猫日記

みーちゃん猫日記

みーちゃん猫日記の記事一覧へ

国内・海外の観光情報ガイド「Travel.jp たびねす」の旅行ナビゲーターとして、私目線の旅の魅力をお伝えしています♪他サイトでも、旅行記事を掲載中!
おいしい物大好き、楽しいこと大好きな、みーちゃん猫です!各地のおすすめスポットの情報も書いているので、おでかけの参考になればうれしいです♪

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事