ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > 写真記事一覧 > 写真家の作例に驚愕 さらにエッジを行くHTC U12+ タッチ&トライ #U12plus


写真家の作例に驚愕 さらにエッジを行くHTC U12+ タッチ&トライ #U12plus

P6271963

エッジの効いた新しいチャレンジを忘れないスマートフォンメーカーHTCが、最新のハイエンドスマートフォン「HTC U12+」を7/20に日本発売することを発表。
HTCファンが集まるHTC U12+発表記念タッチアンドトライイベントに参加してきました。

P6271913
こちらがSIMフリーAndroidスマートフォンの「HTC U12+」。フレームレッド、トランスルーセントブルー、セラミックブラックの3色展開です。

P6271910
液体表面のような見る角度によって色彩が変化するリキッドサーフェスデザインを継承しており、フレームレッドは赤く見えたり、

P6271939
黄色く見えたりします。

P6271908
トランスルーセントブルーは、その名の通り内部が透けて見えます。

P6271934
なかなか面白いデザインですね。

P6271911
そしてセラミックブラック。
FeliCaマークが付いていますが、日本発売版ではFeliCaに対応。さらにIP68防水・防塵対応です。

P6271806
HTC NIPPONの児島社長より挨拶。
今回のイベントでは日本のお祭りをフィーチャーしており、スタッフは皆さんハッピを着られていました。

P6271810
昨年創業20年を迎えたHTC社。モバイル機器を中心に様々な世界初の技術を搭載した製品を世に送り出しているエッジの効いた会社です。

P6271811
HTC Viveは3000以上のアプリケーションを揃えるVRのプラットフォームに。

P6271812
VRは5Gと融合し、新たなコミュニケーション手段となる。

P6271813
そこにAIも活用されるような未来を目指しているそう。

P6271819
HTC NIPPON プロダクト&エンジニアリング 川木氏よりHTC U12+の紹介。

P6271823
HTCが日本市場で販売したモバイルは約30機種。その中でも赤で囲ったものは日本市場に合ったカスタマイズをしている。

P6271830
HTCはU11でタッチ操作以来の新しい操作「エッジセンス」を搭載。

P6271835
U12+では、エッジセンス2に進化。握るに加えて、持つ、タップするという操作も取り入れた。

P6271836
ダブルタップなどにも機能を割り当てて片手で簡単に操作ができる。

P6271838
「持つ」を判定できることで、持ったまま横になっても画面が回転したり消灯したりしないようなことも可能に。
これはニーズが高かった機能だそうですが、確かに寝転びながらスマホを使おうとしたときに不便に思っていた点でした。

P6271840
スマホカメラの性能評価指標DxOMark MOBILEではデュアルカメラ搭載機種で現時点最高の103点をマーク。(その上はトリプルカメラ搭載のHuawei P20 Proのみ)

P6271843
メインカメラだけでなくフロントカメラもデュアルカメラになっています。

P6271844
デュアルカメラで奥行きを判定してボケを生み出すことができます。

P6271851
HDRブースト2では、暗いときや明るすぎるときのノイズを軽減。

P6271854
ウルトラスピードオートフォーカスでは、暗いところでのAFのために像面位相差AFに加えレーザーを活用。

P6271856
写真や動画撮影ではARステッカーも。

P6271858
動画撮影では音声オートフォーカスがU11と比べて、音量60%、33%更にフォーカス。

P6271860
ワンタッチでスムーズなズームができる。確かにスマホの動画撮影ではあまりなめらかにズームできる機能はなかったかも。


これはU12+実機で撮影してみた動画です。ズームアウトを行ってみました。分かりにくいな。。

P6271861
タップしてオーディオブースト。

P6271863
サウンドにも力を入れており、Bluetoothワイヤレスヘッドホンでハイレゾ相当の高音質伝送をするaptX HDやLDACに対応。

P6271864
ウーファーとツィーターのデュアルスピーカーを搭載。それぞれ専用のアンプとチャンバーを搭載。

P6271865
HTC Uソニックでアクティブノイズキャンセリング。

P6271798
本体同梱のUSB-C接続のハイレゾイヤホンで実際にそのサウンドを聴いてみましたが、やっぱり良い音ですね。

P6271866
画面は18:9 6インチQHD+(2880×1440)ディスプレイで、超狭額縁。

P6271871
これは、低温ポリッシュ3Dガラスによってガラスの端の曲がりを急にすることで実現。
U11の8倍の手間をかけているのだとか。

P6271927
確かにかなり急なカーブになっています。

P6271873
ボタンレスデザインになっており、感圧・超音波のハイブリッドでエッジセンス2を実現しています。

P6271924
ボタンレスと言っても、電源や音量の位置は分かるようになっています。

P6271879
537ppiの高密度、DCI-P3, sRGBの色域サポート、HDR10対応。

P6271880
フェースアンロック対応。

P6271881
日本版はFeliCa、IP68防水・防塵にも対応。
この対応が大変で発売が遅れてしまったのだとか。

P6271885
HTC U11でもすごかったのに、さらにこんなに盛りだくさんの機能搭載なU12+。
7/20発売で、すでにHTC e-Shopで予約を開始しています。参考価格は95,000円。
HTC e-ShopではU12+本体購入時に使える予約先着500名限定5,000円クーポンを用意しているそう。
各MVNOからも発売予定。

P6271893
U11のときも様々な参加型イベント企画を行ったHTC NIPPONですが、今回はカタログの裏を使って折り鶴を折ってTwitterに投稿すると、動物保護団体に100の寄付が行われるという企画が行われます。


すでに開始しているので私も折り鶴を折って投稿しましたよ。

P6271903
さてHTC U12+の紹介の後は、参加者全員で乾杯。
乾杯は抹茶ベースに林檎ジュース、牛乳を加えたHTCのグリーンカラーの特製ドリンク。なかなか美味しいドリンクでした。

IMAG0007

HTC HTC U12+,0 mm(35mmF), 0.025 sec (1/40),f/1.8,ISO148,0 EV,[original]

U12+で撮影してみた写真。オートで。

IMAG0008

HTC HTC U12+,0 mm(35mmF), 0.042 sec (1/24),f/2.6,ISO170,0 EV,[original]

光学2倍で。

IMAG0016

HTC HTC U12+,25 mm(35mmF), 0.025 sec (1/40),f/1.8,ISO116,0 EV,[original]

会場には様々な見栄えのするお料理も。

IMAG0011

HTC HTC U12+,0 mm(35mmF), 0.042 sec (1/24),f/2.6,ISO189,0 EV,[original]

縁日の屋台も。

IMAG0020

HTC HTC U12+,25 mm(35mmF), 0.025 sec (1/40),f/1.8,ISO155,0 EV,[original]

エッジセンスを使ったスロットなんてのも面白かった。

IMAG0010

HTC HTC U12+,0 mm(35mmF), 0.025 sec (1/40),f/2.6,ISO133,0 EV,[original]

デュアルカメラを使ったボケ

IMAG0023

HTC HTC U12+,0 mm(35mmF), 0.042 sec (1/24),f/2.6,ISO250,0 EV,[original]

花にピント

IMAG0024

HTC HTC U12+,0 mm(35mmF), 0.042 sec (1/24),f/2.6,ISO289,0 EV,[original]

料理にピント

P6271970
さらに台湾の写真家、LEE CHENG-YANG氏によるU12+で撮影した作品の紹介。

P6271974
オートで撮った写真

P6271975
中心を拡大しても鮮明に写っている。

P6271976
さらにズームするとボケが綺麗に。

P6271977
人が多いお祭りでもエッジセンスで握るだけで撮影できる。

P6271978
暗いところでも手ブレ防止機能で動く被写体を上手く表現できた。

P6271979
光学2倍+デジタル5倍の10倍ズームでもかなりの画質。

P6271981
オートで撮影した夕方のライトアップした寺院でも細部や鞍部まではっきり撮影。

P6271982
さらにU12+のプロモードで台湾の美しい風景を撮影。

P6271984

P6271985

P6271986

P6271987
火だけでなく顔もはっきり。

P6271989
32秒スローシャッター撮影。

P6271990

P6271993
32秒スローシャッター4枚合成したホタル。スマホでホタルが撮影できるなんてすごいですね。

P6271999
こちらも3枚合成の星空。星空までも。

P6272001
日本の風景。東京駅ですが、これは手持ちで撮影したのだとか。

P6272003
72枚合成の隅田川。圧巻です。

P6272007
台湾の稚魚漁の風景。

スマートフォンでこのような素敵な写真が撮れるようになったのですね。驚きました。本当に重いカメラは要らなくなるかも。
観ているだけでHTC U12+で写真を撮影してみたくてたまらなくなりました。

P6272008
最後は、何と豪華にHTC U12+が当たる抽選会。残念ながら当たりませんでした。

P6271902
昨年は20周年記念のHTC U11発表時には私も台湾本社でHTCの魅力を実感してきただけに、U12+でのさらなる進化も驚きです。ぜひじっくり使ってみたい、写真を撮影したいスマホでした。

参加の皆様、HTC NIPPONの皆様、楽しい時間をありがとうございました。



「写真家の作例に驚愕 さらにエッジを行くHTC U12+ タッチ&トライ #U12plus」オリジナル記事ページへ

>> Digital Life Innovatorの記事一覧へ

Digital Life Innovator

Digital Life Innovator

Digital Life Innovatorの記事一覧へ

通信系SI会社でビジネス企画をしています。趣味でプログラミングしたりもの作りしたりするのが好きで、レンタルサーバで色々サービスを試していたのがきっかけで、2005年ブログを開始。
ブロガーイベントやモニターなどに多数参加。新しい商品、技術やデザインなどに特に興味があり、ブログで紹介したりしています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事