ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > レシピ・ウチごはん記事一覧 > 茶藝師合格いたしました。


茶藝師合格いたしました。



気がつくと、何かしら資格が増えてしまう今日この頃…なのですが、去年中国で受験してきた茶藝師の合格の知らせと共に、認定証が届きました。




e0192461_13055067.jpg



事の発端は、薬膳の調理実習の試食時に薬膳茶やテーマに沿った効能のお茶をお出ししていたのですが、私自身がお茶に関して詳しくない事もあり、美味しい薬膳茶を提供出来る自信がありませんでした。
調理実習では、調理の方が主になりますが、どうせなら皆さんに飲んで頂くお茶も美味しいものを…と、そんな風に思う様になり、中国茶の勉強がスタート致しました。


中国茶を選んだ理由は、中国茶には、白茶・緑茶・黄茶・青茶・紅茶・黒茶と6つの分類があり、お馴染みの緑茶や紅茶もこの中に含まれてくるため、茶葉全般を勉強するには良いかなぁと、単純にそう思った次第でした。


お茶を勉強しはじめて、私の講座のモットーでもある「知れば楽しい、識ればもっと楽しい!」が毎回毎回体感出来て、私自身どんどんお茶が好きになりました。
と、同時に甘いものはそんなに食べるのも作るのも苦手な方なのですが、お茶菓子への興味が出てきまして、お菓子を自分で作る様にもなったり、と、実に実にお茶は私の世界を広げてくれております。
そんなお茶の勉強は、単純に茶葉をあれこれ知る事が出来たらいいかな~と言う気持ちでしたが、結果的に初級茶藝師を経て中級茶藝師(中国で受験)の道程となりました。
この上には上級(高級)茶藝師の道が待ってますが、実務経験や学ぶ時間もまだまだかかりますので、ゆっくりとお茶を楽しみつつご縁があればと思っています。


ちなみに認定証はパスポートサイズでこんな感じなんです。


e0192461_13205889.jpg



そして、この中には筆記と実技試験の点数も書かれております。
今回の成績は、筆記より実技の方が高かったので筆記に苦労したのが点数にも反映されているもんだとしみじみ…。
筆記の何に苦労していたかと言うと、中国での受験だったので日本語NGで、漢字で全て書かねばなりません。


結構難しい漢字が多いんですよ…(汗


試験前夜、浙江省のホテルの中でひたすら書き取りの練習をしていたのは、ちょっと懐かしい思い出になりました。

と、そんなこんなの中級茶藝師合格と言う事で…中国政府認定資格は、2012年に取得の国際中医薬膳師についで2つめとなりました。




e0192461_13245881.jpg



今日は夏日、夜からお友達が我が家を訪ねてきてくれて家呑みなので、美味しい冷茶も用意しておきましょう。


それではまた!







【関連記事】
・茶藝師受験~中国へ行ってきました(2016年12月)








ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪
こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村






「茶藝師合格いたしました。」オリジナル記事ページへ

>> ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

家庭の食卓から健康を…をモットーに日々の料理を楽しんでおります。国際中医薬膳師の資格を取得し薬膳師として薬膳視点から献立作りやメニューのアドバイス、講座などを開催しております。
体に優しい酒肴作りからスタートしたブログで、現在は食材・だし・スパイスにこだわった、薬膳師の組み立てるおうち薬膳的なお料理達を紹介しています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事