ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > 旅行記事一覧 > 【台北】目の前は台北101!W台北は高層ラグジュアリーホテル


【台北】目の前は台北101!W台北は高層ラグジュアリーホテル

桃園国際空港からはリムジンバスで台北市内へと向かいます。
今回宿泊する「W台北」は市政府バスターミナルに直結していて、桃園空港から乗り継ぎなしで行けます。
市政府バスターミナルは終点なので、うっかり寝ていても乗り過ごすことはありません。
前回の訪台時はヒルトン系列の「シーザーパーク台北」に宿泊しました。こちらは台北駅の目の前で移動に便利。
W台北は近くに台北101や誠品書店という大きな雑貨屋みたいなのもあって、どちらかというとお買い物に便利。

市政府バスターミナルに到着し、ホテルを目指します。
目指すといってもそのビルの上層階がホテルなのですぐ着くはずなのに、どこから入ればいいのかわからない・・・。
実はビルの下層階は統一時代百貨店というデパートになっていて、その売り場の片隅にホテルの入り口があります。
これがまたわかりづらい!「bliss」という化粧品コーナーを目指して行ってみてください。なんとなくたどり着きます。

W台北

ようやくホテルの入り口にたどり着きウロウロしていると、すぐにポーターさんがやってきてくれました。
ホテルのロビーは10階ですが、まだチェックインの時間には少し早いため荷物を預かってくれるとのこと。
そのまま遊びに行ってもいいようにとの配慮でありがたかったのですが、ホテルの予約時に「部屋が空いていたら
早めにチェックインさせて欲しい」とお願いしていたのと、スイートルームだったので絶対に入れるはずだと思い、
荷物を預けて直接10階へ上がりました。フロントへ行ってみると、やっぱりすぐにチェックインできました。よかった。

当選したバウチャーを出すと、フロントの若い男性スタッフが「この部屋が当たったの!?超ラッキーだね!」と驚いてました。
「すごく眺めがいいし、部屋も広いから期待してていいよ。あとSPGメンバーならWi-Fiも無料だからね」と、親切にいろいろ話してくれました。
(ちなみにSPGメンバーとは「スターウッドプリファードゲスト」のことで、スターウッド系列に泊まるなら絶対会員になるべきです)

このホテルの唯一の難点を言えば、まったく日本語が通じないことでしょうか。ここまでのやり取り、すべて英語です。
台湾ってなんとなくどこに行っても日本語が通じそうな気がしてたけど、このホテルは割と欧米の人の利用が多いみたい。
きっと探せばどこかに日本人スタッフはいると思いますが、英語ができた方がマッチベターです。

お部屋は24階のファンタスティックスイートでした。

W台北

ドアを開けた瞬間、「広ーい!」と思わず叫んでしまうほどの広さ。70平米だそうです。

W台北

W台北

W台北

W台北
ベッドはキングサイズ

W台北
でかすぎるバスタブ

W台北
バスタブとシャワーブースがけっこう離れてる

W台北
アメニティはちょっと微妙w

W台北
シャンプー・コンディショナー・ボディソープはbliss。さっき百貨店で目印にしたお店。

W台北
クローゼットは収納力抜群

W台北
ミニバーも完備(がっつり高額)

W台北
部屋ごとに置いてある動物の置物。ここはゴリラ。

W台北
気持ちよく眠れる音楽が流れる機械?使わなかったけど。

W台北
コンセントは日本のものをそのまま差せます。超便利。

そして何よりすごいのが窓からの眺め。

W台北

高さ509m、101階建ての台北101がドーン!圧巻です。
ここは角部屋なので別の窓からはこんな景色が。

W台北

んー、これしか見えなかったらちょっと残念だよね。廊下を挟んで反対側の部屋からは何が見えたんだろう。

でね、このファンタスティックスイートの一番不可解な点がこれ。

W台北

ベッドとバスタブの間になんの仕切りもない・・・。


W台北

W台北

ベッドからもバスタブからもお互い丸見え状態wwwww何を思ってこういうデザインなのさ!
お風呂に入っている間はお連れ様にはリビングでテレビを観ててもらいましょう。

ちなみに夜はこのライトだけ点けるとものすごくムーディです。

W台北

ロビーのある10階にはプールもあります。

W台北

W台北

あんまり広くないけど、子供たちが気持ちよさそうに泳いでましたね。週末にはここでナイトパーティも開かれていました。



つづく。



ホテルW台北



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ






「【台北】目の前は台北101!W台北は高層ラグジュアリーホテル」オリジナル記事ページへ

>> 夢のかたまりの記事一覧へ

夢のかたまり

夢のかたまり

夢のかたまりの記事一覧へ

国内・海外旅行が大好きです。行った先々で、一眼レフカメラで写真を撮っています。映画鑑賞も趣味で、年間100本以上を映画館で観ています。
旅行記、映画レビュー、コスメレビューなどを書いています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事