ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > レシピ・ウチごはん記事一覧 > 昆布昆布!そして昆布で昆布締め。


昆布昆布!そして昆布で昆布締め。

去年の引越時にテレビを処分して、この1年テレビの無い生活を送っております。
テレビがあった時も特に何か見ると言う事もなかったためか、さほど影響も無く過ごしており、必要な情報はネットから色々と収集している今日この頃です。


そんな情報集集の1つに、当ブログにどんなキーワードでお越し頂いているか…と言うのものもあり、レポートを見ると急激に上がっているキーワード、そして集中アクセスのある記事なんてものがあったりします。






本日は「昆布締め」のキーワードが急上昇。


何だろう?と思って、調べてみると昨日、某ケンミン番組で富山県の紹介があった模様。
そんな富山県民が愛して止まない「昆布」と「昆布締め」が紹介されていた様でした。


e0192461_11243818.jpg
出張料理の時のライブ昆布締めです





私は富山県民ではないですが、昆布大好きで昆布大使としても活動させていただいており、その勢いで北海道に昆布漁の見学に行っちゃったり…と、昆布薬膳料理会でお料理を作らせて頂いたり…と、そんな日々を送っているのですが、昆布の検索が急上昇しているのは何とも嬉しい限り。




e0192461_10573442.jpg
これは生の昆布を干して居る過程の半乾きのもの


と言う事で、昆布締め記事のリンクとかちょっとまとめておきたいなと思った次第です。




続きで昆布関連リンクを張っておりますので、良かったらご覧下さいね。






ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪






昆布締め…といえば、昆布で材料を挟んで冷蔵庫で寝かせておけば出来上がり。
と言う、なんともざっくりしたものですが、昆布の力は偉大だなぁとあらためて思う次第です。


作り方も、何か決まり事がある訳でもなくざっくり作って大丈夫。


■昆布締め
<材料>
お好みの具材(肉、野菜、魚、豆腐など何でも)
昆布

1.具材の大きさにカットした昆布の上に材料を乗せ、昆布で挟んでラップして冷蔵庫で寝かすだけ。





以上でございます。
昆布は湿らせるか、拭くのか洗うのか、はたまたそれは水なのか酒なのか酢なのか…と、これもまた色々意見もありますが、これじゃないとダメという事もありません。
あと、昆布が具材の大きさより小さくても、気にしない気にしない。




e0192461_11114157.jpg
こんな感じでやっちゃう事も多いです



昆布に余裕(?)があればこんな感じ巻くと贅沢な昆布締めに。


e0192461_11134795.jpg
これは中身は鯛です





昆布で締める時のポイントとしては、


・生の具材を締めてそのまま食べるのか
・生の材料を締めて加熱するのか
・加熱済み材料を昆布締めにするのか


といった選択肢があるかと思います。


刺身などは生のままと言う事になりますが、肉類は生のまま昆布締めにしてから加熱したり、あるいは牛たたきや鶏タタキなど、加熱したものを昆布締めにしてそのまま頂くと言う事もあると思います。
どれも美味しいので、色々試して頂きたいなぁと思います。


ただ、気を付けて頂きたいのは


昆布で締めたからと言って、加熱用食材の生食が出来るわけではないと言う事です。
元々生食OKのものはその賞味期限内であれば大丈夫ですが、例えば、生の豚肉を昆布締めにしてそのまま食べる、というのはNGです。加熱用食材は加熱して召し上がって下さいね(^^)




と言う事で色々リンクです♪




■昆布薬膳料理(2015年2月投稿記事)
出張料理の様子…ですが、昆布を使ったあれこれ。
特にライブ昆布締めは好評でございました。









■鶏の昆布締め(2011年投稿記事)
お安い鶏肉も昆布締めで地鶏の様に!?
余分な水分が出るので食感もぐっと良くなります。
高級地鶏ではなく、普通の鶏肉を使うのがポイントです♪



■味わい深い平目の旨締め
昆布締めよりも味わい深くなる…その秘密は「旨味の相乗効果」にあり!





■鯛の昆布締め(2011年投稿記事)
鯛の昆布締め、大好きなんです(^^)


そんな昆布締めで作る鍋は絶品!
昆布締めを多めに作ってぜひ召し上がって頂きたい。


■昆布締め鯛の酔っ払い鍋(2012年投稿記事)







■ノルウェーサーモンの昆布締め(2013年投稿記事)
昆布締めにしたサーモンを3種の酒肴にしました。
ちょっと珍しい「白板昆布」を使った昆布締めもありますよ。






■昆布締め豆腐と昆布締め色々(2014年投稿記事)
豆腐の昆布締め、美味しいですよ~!
これも高級豆腐よりお安いお豆腐がお勧め!







■そうだ日高にいこう(昆布漁レポート)2014年投稿記事
昆布が好きすぎて、日高に昆布漁の見学に行きました。
昆布漁見学で北海道一周が密かなる野望です♪









まだまだ昆布関連のリンクはあるので、当ブログの「昆布」カテゴリ↓よりお入り頂き、色々ご覧下さいましたら幸いでございます。





さて「昆布締め」と言う事で、私自身もよく質問を受ける事があるのですが、そのダントツに上がっているのが


・昆布締めにした昆布はどうしたらいいでしょうか


と言うもの。
そもそも昆布はお高いですし昆布締めにした後捨ててしまう…なんて勿体ない事ですよね。


私は豆腐や野菜も昆布締めにするので、そのまま食べるもの…野菜や豆腐などからスタートし、それが終われば、肉や魚といった感じで何度か使っております。
肉や魚を昆布締めにした後は、鍋物や煮物の出汁に使います。


また、こんな食べ方もあります。
いっそ昆布締めの昆布ごと食べたらいいじゃない!と言う事で、昆布を挟んだ鶏ハムです。


■放っておくだけ!鶏ハムの昆布サンド(2012年投稿記事)
昆布締めにした鶏で作る鶏ハムが美味しいのですが…昆布も一緒に食べたらいいじゃない!と思って作ったのがこちら。
昆布ごと頂ける鶏ハムです。






あと、おぼろ昆布やとろろ昆布などで巻いて昆布ごと頂くと言う食べ方もありますので、お好みの方法を見つけて頂ければなぁと思います。






e0192461_09595474.jpg
昆布が好きすぎて…な昆布Tシャツです引越の時に紛失してしまってとても残念…






と言う事で、昆布締めあれこれのまとめでした。


昆布も好きですがスパイスも大好き!
明日は出張料理教室でスパイス薬膳の料理教室の開催です。


オリジナルカレーパウダーを作って頂くワークショップと共に、カレーパウダーで作る夏のベジカレーと副菜達…と、スパイス料理を作りますが、当然の様に「昆布」も使います。
万能な昆布に感謝感謝なのです(^^)



それではまた!










ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪
こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村






「昆布昆布!そして昆布で昆布締め。」オリジナル記事ページへ

>> ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

家庭の食卓から健康を…をモットーに日々の料理を楽しんでおります。国際中医薬膳師の資格を取得し薬膳師として薬膳視点から献立作りやメニューのアドバイス、講座などを開催しております。
体に優しい酒肴作りからスタートしたブログで、現在は食材・だし・スパイスにこだわった、薬膳師の組み立てるおうち薬膳的なお料理達を紹介しています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事