ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > 写真記事一覧 > 屋形船の屋根が変形して低い橋もくぐり抜ける 松江堀川めぐり


屋形船の屋根が変形して低い橋もくぐり抜ける 松江堀川めぐり

P8110892

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,150 mm(35mmF), 0.004 sec (1/250),f/5.0,ISO200,0 EV,[original]

出雲大社のあとは松江へ。2015年に国宝に指定された松江城天守に行く予定でしたが、観光タクシーの運転手さんは、松江城のお堀をめぐるぐるっと松江堀川めぐりがおすすめとのことでしたので、そちらを体験しました。松江堀川遊覧船は20週年だそうです。

P8111069

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,42 mm(35mmF), 0.005 sec (1/200),f/7.1,ISO200,0 EV,[original]

コースの全長は約3.7kmで一周約50分。大手前広場からの定時便に乗船しました。
ふれあい広場やカラコロ広場にも乗船場があり、料金は一日乗船券になっているので、当日中自由に乗降が可能というのもユニークですね。

P8110849

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,88 mm(35mmF), 0.004 sec (1/250),f/7.1,ISO200,0 EV,[original]

船頭の方の説明も面白いです。
ちなみに船頭さんの座っている位置の反対側が前方で、そちらの方が眺めが良いです。

P8110864

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,24 mm(35mmF), 0.006 sec (1/160),f/6.3,ISO200,0 EV,[original]

石垣と木々に囲まれた堀をめぐります。

P8110856

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,200 mm(35mmF), 0.003 sec (1/320),f/5.0,ISO200,0 EV,[original]

アオサギや

P8110869

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,200 mm(35mmF), 0.004 sec (1/250),f/4.5,ISO200,0 EV,[original]

シロサギなどもいました。

P8110872

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,200 mm(35mmF), 0.005 sec (1/200),f/4.0,ISO1000,0 EV,[original]

1羽だけ残ったという渡り鳥。何て鳥だっけな?

P8110878

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,56 mm(35mmF), 0.005 sec (1/200),f/7.1,ISO200,0 EV,[original]

P8110880

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,100 mm(35mmF), 0.005 sec (1/200),f/6.3,ISO200,0 EV,[original]

古い町並みで昔ながらの光景が楽しめます。

P8110892

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,150 mm(35mmF), 0.004 sec (1/250),f/5.0,ISO200,0 EV,[original]

そして多くの橋の下をくぐるのも魅力の一つ。

P8110915

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,200 mm(35mmF), 0.005 sec (1/200),f/4.0,ISO250,0 EV,[original]

P8110931

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,32 mm(35mmF), 0.01 sec (1/100),f/5.0,ISO200,0 EV,[original]

P8110938

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,200 mm(35mmF), 0.005 sec (1/200),f/4.0,ISO500,0 EV,[original]

P8110943

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,68 mm(35mmF), 0.013 sec (1/80),f/4.0,ISO200,0 EV,[original]

P8110945

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,132 mm(35mmF), 0.005 sec (1/200),f/4.5,ISO200,0 EV,[original]

P8110954

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,114 mm(35mmF), 0.004 sec (1/250),f/6.3,ISO200,0 EV,[original]

P8110957

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,94 mm(35mmF), 0.006 sec (1/160),f/5.0,ISO200,0 EV,[original]

中にはとても低い橋がありますが、その下をこの屋形船が通れるように屋根が変形してとても低くなるという構造になっています。
ピンクのハートが出てきたら屋根が低くなる合図。乗船客は身を屈める必要があります。

P8110963

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,24 mm(35mmF), 0.1 sec (1/10),f/4.0,ISO3200,0 EV,[original]

こんな感じで屋根が降りて橋の下をくぐり抜けます。なかなかおもしろいですね。

P8110972

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,40 mm(35mmF), 0.004 sec (1/250),f/8.0,ISO200,0 EV,[original]

屋根が降りる橋は全部で4つあります。

P8110973

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,24 mm(35mmF), 0.01 sec (1/100),f/5.0,ISO200,0 EV,[original]

P8110979

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,26 mm(35mmF), 0.005 sec (1/200),f/7.1,ISO200,0 EV,[original]

P8110982

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,24 mm(35mmF), 0.005 sec (1/200),f/7.1,ISO200,0 EV,[original]

P8110985

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,34 mm(35mmF), 0.017 sec (1/60),f/4.0,ISO400,0 EV,[original]

P8110990

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,24 mm(35mmF), 0.005 sec (1/200),f/7.1,ISO200,0 EV,[original]

P8110994

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,200 mm(35mmF), 0.003 sec (1/400),f/5.6,ISO200,0 EV,[original]

P8110998

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,24 mm(35mmF), 0.008 sec (1/125),f/5.6,ISO200,0 EV,[original]

P8111002

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,200 mm(35mmF), 0.003 sec (1/320),f/5.0,ISO200,0 EV,[original]

屋根が降りた状態を外から見るとこんな感じですね。

P8111009

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,94 mm(35mmF), 0.005 sec (1/200),f/5.6,ISO200,0 EV,[original]

P8111017

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,184 mm(35mmF), 0.005 sec (1/200),f/4.5,ISO200,0 EV,[original]

P8111021

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,68 mm(35mmF), 0.013 sec (1/80),f/4.5,ISO200,0 EV,[original]

P8111031

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,200 mm(35mmF), 0.003 sec (1/320),f/5.6,ISO200,0 EV,[original]

大手前広場に戻る直前には松江城天守がよく見えるスポットがあります。

P8111036

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,70 mm(35mmF), 0.005 sec (1/200),f/7.1,ISO200,0 EV,[original]

P8111038

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,36 mm(35mmF), 0.006 sec (1/160),f/6.3,ISO200,0 EV,[original]

P8111050

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,200 mm(35mmF), 0.003 sec (1/400),f/5.6,ISO200,0 EV,[original]

P8111054

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,100 mm(35mmF), 0.006 sec (1/160),f/5.0,ISO200,0 EV,[original]

P8111061

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,172 mm(35mmF), 0.004 sec (1/250),f/5.0,ISO200,0 EV,[original]

一周約50分と長いですが、船頭さんの説明やお堀からみた景色など、とても楽しめました。おすすめです。
冬はこたつまで完備されるそうです。

P8111071

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,32 mm(35mmF), 0.006 sec (1/160),f/7.1,ISO200,0 EV,[original]

堀川遊覧船を降りたあとは、松江城天守近くまで行ってみました。

P8111073

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,46 mm(35mmF), 0.008 sec (1/125),f/6.3,ISO200,0 EV,[original]

P8111078

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,34 mm(35mmF), 0.013 sec (1/80),f/4.5,ISO200,0 EV,[original]

石垣に印がついていたりします。

P8111087

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,46 mm(35mmF), 0.006 sec (1/160),f/6.3,ISO200,0 EV,[original]

P8111089

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII,OLYMPUS M.12-100mm F4.0,28 mm(35mmF), 0.006 sec (1/160),f/6.3,ISO200,0 EV,[original]

松江城天守美しいですね。本当は売却解体予定だったのが、地元の豪農の勝部本右衛門や元藩士の高木権八が同額の金を国に納めるかたちで買い戻され、保存されたのだとか。



「屋形船の屋根が変形して低い橋もくぐり抜ける 松江堀川めぐり」オリジナル記事ページへ

>> Digital Life Innovatorの記事一覧へ

Digital Life Innovator

Digital Life Innovator

Digital Life Innovatorの記事一覧へ

通信系SI会社でビジネス企画をしています。趣味でプログラミングしたりもの作りしたりするのが好きで、レンタルサーバで色々サービスを試していたのがきっかけで、2005年ブログを開始。
ブロガーイベントやモニターなどに多数参加。新しい商品、技術やデザインなどに特に興味があり、ブログで紹介したりしています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事