ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > おでかけ・グルメ記事一覧 > ジビエ好きなら一度は来てみたい山梨 仙人小屋


ジビエ好きなら一度は来てみたい山梨 仙人小屋

山梨から長野へドライブ中に検索していて見つけた、あの仙人小屋へランチに。

あの、と言うのは友達が話題にしていたのを頭の隅で覚えていたからドキドキ

ジビエ大好きな夫婦がこの外観に喜んで入ったのは言うまでもありません。

 

 

外に写真入りメニューがあるところが好感もてますね。

入る入らないの目安になる。けど、ココまできたら入っちゃいますよねキラハート

 

 

席にはメニュー表が置いていなく、入口に入ったらすぐにこちらでオーダーする仕組み。

もともと鹿肉が好きなので鹿焼肉定食2,500円は即決。

旦那さんは熊肉を食べてみたいと、熊カレー1,500円と百茸スープ500円を頼んでました。

 

 

店内が凄く雰囲気ありますよね。

まだ冬でないので囲炉裏に火が灯っていないのだけど、やかんには異なるお茶が提供され、

自分で入れる仕組み。

 

 

ニッキ茶、カラマツ茶、せんぶり茶、ウーロン茶、麦茶、冷水など自由に飲めるけど、

使用するコップは一人ひとつのみ。

ちょっと感動したのはニッキ茶。ニッキ飴味の茶なんですビックリマーク

不思議にクセになるお茶。

お茶は時期により時々変更されるそうです。

 

 

こちら鹿焼肉定食。もちろんキノコも入っている贅沢や焼肉セット。

 

 

こちらは熊カレー。熊肉のゴロリと大きな肉は、熊のイメージそのまま。

 

 

必ず付いている、実だくさんのきのこ汁。

色々なきのこが入っていて、味はとろーんとしてて甘い星

 

 

これが百茸スープ。

岩塩を好みに合わせて入れて飲むそう。

私は実はきのこ類が苦手で、一口のんで降参。

きのこが好きな旦那さんはというと、特別美味しいと言うわけではなく....

ともに一致したのは「薬草みたいな味」だねってことびっくり。

 

 

店内にはユーモアたっぷりな「熊のとりかた?」

 

 

「鹿のとりかた」

 

 

「いのししのとり方」が張ってあります笑

 

 

なかなか話のネタにもなるので面白いキラハート

あ、私が行ったのは金曜日の12:30頃。一組の客しかいなく、

その後まばらにお客さんが入ってくる程度でした。

平日は並ばなくても十分席はあるようです音譜

 

 

仙人小屋自然食 / 甲斐大泉駅甲斐小泉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

 



「ジビエ好きなら一度は来てみたい山梨 仙人小屋」オリジナル記事ページへ

>> 元気ハツラツ!時たま曇のち雨の記事一覧へ

元気ハツラツ!時たま曇のち雨

元気ハツラツ!時たま曇のち雨

元気ハツラツ!時たま曇のち雨の記事一覧へ

Over50の私は若い頃から旅好き。Over30年の下手な横好きスキーヤー。Over30年のOL生活でもまれて政治経済好き。生まれ変わりは信じてるけど記憶はないと思うので今の人生を楽しんでいます♪
国内外旅行を気持的にはメインにしてます。その他イベントやモニター生活のゴチャまぜブログです。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事