ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > レシピ・ウチごはん記事一覧 > ほろ酔い薬膳:秋茄子とシシトウの焼き浸し。


ほろ酔い薬膳:秋茄子とシシトウの焼き浸し。


こんばんは!
おうち飲み好き好き♪
おうちのみ大使の国際中医薬膳師ゆりぽむです♪


朝晩涼しくなってきたなぁと思ったら、涼しいを通り越して「寒い!」と感じるぐらいになってきました。
皆さま如何お過ごしでしょうか?


さて、今月のおうちのみ大使のテーマは


秋の味覚で絶品おつまみ



と言う事で、秋刀魚やキノコ類、秋鮭…と思いを巡らせていたのですが、この所行く先々で美味しそうな茄子を見る事が多く。
秋茄子気分で一杯な感じになりました。


e0192461_13083662.jpg




そんなこんなの茄子の煮浸しでございます。




ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪










煮浸し、焼き浸し、揚げ浸し…と、作り方は色々ありますが、私は焼き浸しが結構好み。
茄子は少々油を吸った方がコクも出て美味しくなりますが、揚げると油をかなり吸うので食べる時に気になっちゃいますが、焼き浸しならそれほど気になりませんものね。


それでは作り方です♪




*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


■茄子とシシトウの焼き浸し
<材料>
茄子:3本
シシトウ:9~12本(適当で)
合わせだし
醤油

みりん

鷹の爪(好みで)


1.茄子は半分に切ってナナメに切り込みを入れ、一口大に切ります。
2.1の茄子の皮目に油を塗り、皮目からフライパンで焼きます。


e0192461_13092258.jpg

※茄子の皮に油を塗って皮目から焼く事で綺麗な色に仕上がります。


3.2のフライパンでシシトウも焼いておきます。
4.煮立てたあわせだしに醤油、みりん、塩、鷹の爪を加えて好みの味に調えます。
5.4に3の茄子とシシトウを入れます。
e0192461_13092355.jpg


6.5が煮立ったら弱火にし5分ほど煮て火を止めそのまま冷まして味を含ませて出来上がり。


e0192461_13083662.jpg





*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*




焼いて煮て冷ましながら味を含ませるだけなので、とっても簡単。
沢山作っておくとちょっと幸せな一品かなぁって思います。


茄子は薬膳視点から見ると体を冷やす食材に入ります。
朝晩ちょっと冷え始めたこの季節、夏は冷たくして美味しい浸しものも、この時期からは温かくして食べると良いですよね。
今回は冷ましながら味を含ませた後、食べる時には火を入れて熱々を頂きました。




で、今回お皿に盛った写真が見当たらないんです(汗


温めた茄子を、美味しい美味しいとその場で


食べてたら無くなっちゃった


と言う(笑)


8月に10日間玄米だけで過ごす半断食食養法「七号食」なる事をやっていたんですが、これで体重も-5kgと良い感じで落とせまして、その後のリバウンドも無くゆるくそこからも体重を落としながら今に至っております。


でも、食生活は普段通りでお酒も沢山頂いております。
若干糖質の多いものを減らす様になった事と、後は夜のお酒タイムのスタートを「立ち呑み」にしておりまして


詳細はこちらをご覧下さいね↓





キッチンカウンターで立ち呑みモード全開で生活しているだけなんですが、なんかこのスタイルにはまっちゃいまして。
キッチンカウンターで立ち呑みと言う事で取り皿を持って、好きに取って食べる、なんて事をやってたもんだから、ついつい写真を撮りそびれてしまった次第です。


次回はちゃんと撮る様にしますね!




それでは今宵も…


好い酔い宵っとね♪








ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪




こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村










おうちのみ大使 秋の味覚で絶品おつまみ

「ほろ酔い薬膳:秋茄子とシシトウの焼き浸し。」オリジナル記事ページへ

>> ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

家庭の食卓から健康を…をモットーに日々の料理を楽しんでおります。国際中医薬膳師の資格を取得し薬膳師として薬膳視点から献立作りやメニューのアドバイス、講座などを開催しております。
体に優しい酒肴作りからスタートしたブログで、現在は食材・だし・スパイスにこだわった、薬膳師の組み立てるおうち薬膳的なお料理達を紹介しています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事