ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > PC・ガジェット記事一覧 > Windows10起動後に”Antimalware Service Executable”のCPU使用率やHDDアクセスが激しいので停止させてみた!


Windows10起動後に”Antimalware Service Executable”のCPU使用率やHDDアクセスが激しいので停止させてみた!

Windows10を起動した後にCPU使用率が異常に高く、HDDアクセスも激しく行われるのが気になったので必要ないと思われるサービスを停止させました。
今回は「Antimalware Service Executable」というプロセスを停止させました。
Antimalware Service Executableが何をしているプロセスかというとWindows10に標準搭載されているアンチウイルスソフト”Windows Defender”の内部サービスの一つでWindows Defenderが正常な状態で活動しているのかを監視するプロセスとなっています。
なのでパソコンを起動している限り常に起動していてWindows Defenderを監視しているためCPU負荷やHDDアクセスが多いプロセスとなっています。
場合によってはCPUパワーをほぼ使い切っていたりHDDアクセスもより激しかったりとパソコンを普通に使えるかも怪しい状態になるようです。
なおWindows Defenderを使っていない場合は動いていないはずですが使用環境によっては常駐している場合もあるみたいです?プロセスが動いているかいないかはタスクマネージャーを起動してプロセスの項目をチェックすればわかるはずです。
自分の使用環境ではそこまで激しく動いていはいないようですが起動直後のHDDアクセスなどがちょっと気になるしあんまり重要でも無いかなぁと思ったので停止させました。

Antimalware Service ExecutableはWindows Defender傘下のサービスなので単体で削除などは出来ないようで設定から起動するファイルを除外させるかレジストリをいじって止めるかなどの方法があるようです。
レジストリをいじるのはリスクが高いと思えば設定変更からファイルを除外する方法を、レジストリをいじるのが苦でも無ければレジストリをいじるのが早くて楽だと思ったのでレジストリからAntimalware Service Executableを停止させました。

Antimalware Service Executableを停止させる方法
レジストリエディターを開く(コルタナに”regedit”と入力し右クリックで管理者権限で開く)

HKEY_LOCAL_MACHINE

SOFTWARE

Policies

Microsoft

Windows Defender

”DisableAntiSpyware”の値を1に変更する
(DisableAntiSpywareが無ければ右クリックメニュー→DWORD(32ビット)値で作成、64bitOSでも32ビットで作成します)

パソコンを再起動

win10difenda-settei

続きを読む

「Windows10起動後に”Antimalware Service Executable”のCPU使用率やHDDアクセスが激しいので停止させてみた!」オリジナル記事ページへ

>> 何でも雑記板 (避難)の記事一覧へ

何でも雑記板 (避難)

何でも雑記板 (避難)

何でも雑記板 (避難)の記事一覧へ

何でも雑記板 (避難)の管理人です。
主にパソコン関連の情報を発信するブログとなっています。あとは気になった事を何でも書いています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事