ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > PC・ガジェット記事一覧 > HTC U11をミッドレンジにしたHTC U11 life (X2)とデザインを進化させたHTC U11+ #HTCサポーター


HTC U11をミッドレンジにしたHTC U11 life (X2)とデザインを進化させたHTC U11+ #HTCサポーター

IMAG0002

HTC HTC_2Q4D100,0 mm(35mmF), 0.008 sec (1/120),f/1.7,ISO83,0 EV,[original]

11/30にワイモバイル向けAndroid Oneスマートフォン「X2」が12/7より発売されることが発表されました。そのAndorid One X2ことHTC U11 lifeと日本発売未定のHTC U11+のローンチを記念したHTC社主催のファン向けイベントに参加してきました。
(今回はメディアとして参加させて頂いています)

PC010780
今年5月のHTC U11の発表時はHTCグローバルレポーターとして台湾のHTC本社にお邪魔して、その大々的な発表に立ち会ったりや工場見学などをしてきました。リキッドサーフェスデザインのボディ握ることで操作するエッジ・センス当時世界最高性能のカメラ高性能イヤホンやUSonicなどHTC U11のイノベーションやこだわりを実感してきました。

PC010741
HTC NIPPON 児島全克社長

カメラ性能はその後登場した、iPhone X, HUAWEI Mate10 Pro, iPhone8 Plus, Galaxy Note8, iPhone 8などに抜かれてしまいましたが、現在の最高得点はGoogle Pixel 2。現在はGoogle社に買収されたHTC社のPowered by HTC(OEM/ODM)部隊が開発したもの。買収されたPowered by HTC部隊は今でも同じロケーションで働いているのだとか。

PC010754
そして、Twitterで展開していたクリスマスキャンペーンについても報告。

PC010746

キャンペーン期間中にフォロワー数が20,000人を超えた場合、HTCは「HTC U11」の限定カラー「ソーラーレッド」を「SIMフリーモデル」で国内発売致します(発売時期は2018年1月〜2月中を予定)。また、同スマートフォンを抽選で5名様にプレゼント致します。

というものでしたが、期間を大幅に残して、ちょうどイベント当日20,000フォローを達成。おめでとうございます!
25,000フォロー達成でプレゼントを5名追加。30,000フォロー達成したらプレゼントをさらに10名追加することも発表されました。

PC011013
こちらがHTC U11 ソーラーレッド。

PC011014
見る角度によって、赤色だったり黄色だったりします。
こちらはグローバルモデルですが、販売およびプレゼントされるのは日本モデルになるそうです。価格等は未定。
まだ@HTCJapanをフォローしていない方はぜひフォロー&リツイートを。

PC010793
もう一つ、Amazon Alexaの日本語対応に伴い、HTC U11ユーザーは12月末までに自動的にAmazon Alexaを使えるようになるそうです。

PC010933
さて、本題のHTC U11 life(右)とU11+(左)について。

PC010952
20周年記念で気合の入ったフラッグシップモデルHTC U11の多くの特長を引き継ぎながら、手頃な価格のミッドレンジモデルにまとめたU11lifeと、HTC U11のデザインやスペックをさらに進化させたハイエンドモデルHTC U11+です。

PC010762
まずは、HTC U11 lifeより。

PC010797
Android One X2として発売される、HTC U11 lifeですが、HTC U11のリキッドサーフェスデザインやエッジ・センス、USonic・ハイレゾといった特長を継承しています。

PC010928
背面は角度によって色が変わるリキッドサーフェス。しかもガラスではなくアクリルでガラスの色合いを再現しているのだとか。
サファイア ブルーとアイス ホワイトの2色が発売されます。

PC010722
Android OneはGoogleが展開するシンプルで安心なAndroidスマートフォンブランド。常に最新のOSと毎月更新されるセキュリティアップデート、Googleの使いやすいアプリケーションを厳選して搭載することで安心さや使いやすさを追求しています。

PC010951

PC010961
設定を見るとUSonicやハイレゾ、エッジセンスにも対応していることが分かりますね。

PC010962
エッジセンスのアプリ内オプション(エッジセンスでどのような操作を可能にするか)を設定することができます。

PC010963

PC010959
ベータ版ながらアプリ内のオプションを追加することもできます。

IMAG0004

HTC X2-HT,0 mm(35mmF), 0.025 sec (1/40),f/2.0,ISO64,0 EV,[original]

エッジセンスでカメラを起動させ、造花を撮影してみましたが、よく写りますね。

IMAG0007

HTC X2-HT,0 mm(35mmF), 0.05 sec (1/20),f/2.0,ISO1008,0 EV,[original]

窓の外の夜景を撮影してみましたが、こちらもよく写っています。

PC010799
HTC U11にそれほど引けをとらないスペックです。
カメラはメインカメラもインカメラも1600万画素。

PC010800
このスペックでこの価格はかなりコストパフォーマンスが高いですね。しかもハイレゾに対応した高性能のノイズキャンセリングイヤホンを同梱していますし。

PC010805
次は、HTC U11+。HTC U11の進化モデルですね。日本販売は未定です。

PC011025
U11(右)とU11+(左)。
少し縦長になっていますが、18:9の6インチディスプレイを搭載してます。(U11は5.5インチ)
指紋センサーは背面のカメラ下に移動しています。

PC011028
表面からはボタンが無くなりました。

PC010775
UIは少し変わっていて、一番下の戻る、ホーム、タスク一覧のボタンのところをスライドすると、

PC010993
別のボタンが現れます。このボタンはカスタマイズできるそう。
あと、U11から変わった機能を聴いてみたらハイレゾ録音ができるようになったとか。

PC010974
カラーは、Ceramic Black、Translucent Black、Amazing Silverの3色。
透過するTranslucent Blackはユニークで面白い。ガラケーでも一時期あったスケルトンモデルを思い出しますね。

PC010967

PC010999
エッジセンスにはエッジランチャーというのが追加されました。握るとアプリランチャーが起動します。

PC011005
何を表示するかは設定できます。

IMAG0005

HTC HTC_2Q4D100,0 mm(35mmF), 0.017 sec (1/60),f/1.7,ISO78,0 EV,[original]

こちらがU11+で撮影してみた造花。

IMAG0008

HTC HTC_2Q4D100,0 mm(35mmF), 0.042 sec (1/24),f/1.7,ISO536,0 EV,[original]

U11+で撮影した夜景。

PC010810
バッテリー容量も増えています。

この他、デザインのこだわりの話やファンによるグループワークなども行われましたが、それらについては別の記事で。


ワイモバイル Android One X2



「HTC U11をミッドレンジにしたHTC U11 life (X2)とデザインを進化させたHTC U11+ #HTCサポーター」オリジナル記事ページへ

>> Digital Life Innovatorの記事一覧へ

Digital Life Innovator

Digital Life Innovator

Digital Life Innovatorの記事一覧へ

通信系SI会社でビジネス企画をしています。趣味でプログラミングしたりもの作りしたりするのが好きで、レンタルサーバで色々サービスを試していたのがきっかけで、2005年ブログを開始。
ブロガーイベントやモニターなどに多数参加。新しい商品、技術やデザインなどに特に興味があり、ブログで紹介したりしています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事